FXとの出会いと、ほろ苦い思い出

学生時代にネットをサーフィンしていたときFXの記事を見つけました。

 

この記事では数万円から始めて百万円になりますといった内容でした。

 

私自身もそのような記事は全く信じていませんでしたが、アルバイトを頑張っていた為、10万円から始めてみることにしました。

 

最初はビギナーズラックで運よく勝ち、初日は2万円の利益を出す事ができました。

 

ドル円でしたら、1通貨あたり4円程ですので、2万通貨購入でき、その日は100pips程抜いた計算になります。

 

ここでいう100pipsは1円の相場の動きを読み取ったということになります。

 

素人にしてはまずまずの結果でした。

 

しかし、利益を重ねて行くうちに、やはり人間なので欲が出るのです。

 

そうなると、取引が雑になってきます。

 

確実に勝てるような相場での取引ならば分かりますが、ここで買ってしまおう、ここで売ってしまおうなどいい加減な取引ですぐに利益を求めようとし、結果、自分の予想が外れる事がよくありました。そして、最終的にはロスカットをくらいます。

 

ロスカットとは資本金に対する証拠金の維持率が満たないときに、FX会社側が強制的に決済をしてしまうシステムです。

 

これにより、証拠金が尽きてしまうケースが私だけではなく素人の方には多いと思います。なくなった証拠金では取引ができません。

 

再度銀行から10万円を入金しました。この時点で、完全にFXに浸かっています。

 

利益を出す為に次から次へと投資を繰り返す。最初は利益を出そうと考えていたものが、利益ではなく、負けた金額を取り返す形に変わってしまいます。

 

FXに関しては、通貨が上がるかそれとも下がるかを見極めて取引をしますが、正直いってどっちに動くかを予想できても100%ではありません。

 (ちなみに、AIによるAI投資によるFXだとを予測できる知れませんね。)
 
なので、FXはパチンコや競馬などのギャンブルに近く、より感情的になったり、熱くなる方にはおすすめできません。

 

何故かというとFXもギャンブル同様に感情的になったら必ず負けるからです。

 

それは、上記でも言ったように取引が雑になってしまうからです。

 

しかし、FXも最初の資金が少なければ、利益もその分、薄いです。しかし、それなりの金額の資金を用意すれば利益を得やすい投資には違いありません。

 

例えば最初に資本金として100万円を用意したとするならば、ドル円が1通貨で4円程なので、25万通貨所有する事ができます。

 

もし、1日で100pips抜いたとするならば利益はなんと25万円です。

 

上記とは大きな違いですよね。10pipsしか抜けなかったとしても2.5万円の利益です。

 

なので、FXに関しては最初の資本金が命といっても過言ではありません。しかし、有り金を全部つっこむようなことはしてはならないのです。私は性格的にFXは向いていませんでした。

FXで成功した体験談

FXで空いた時間を使ってスイングトレード

去年、インターバンク直結のNDD方式によるFXを始めました。

 

私は仕事をしていてデイトレーダーの様にモニターを何個か使って瞬きもせずに画面の前で戦うことが出来ません。

 

なので新聞のニュースなどを参考に1~2週間の間の通貨の値上がり値下がりを予想してトレードするスイングトレードをやっています。

 


レバレッジは怖いので今の所は使っていませんが慣れてきたら10倍までならやってもいいかなと思っています。

 

あとロボットトレードにも興味がありますが、まだ手を出していません。

 

基本的に米国の情勢が不安定になってくると円が上がりやすいので円が上がったらドルを買います。

 

有名企業の決算やFRBの発表が終わると安心してドルを買い戻したり米国の利上げの影響でドルを買う人が増えてきます。

 

そうなるとドル高円安に動きますのでそこで一気にドルを売り円にします。

 

とはいっても先進国の通貨はそんなに大きく動かないのでレバレッジを掛けない限り株の様に大きく儲けることは出来ないです。

 

実際に100万円で始めましたが、私の場合儲けは1年間で15万万円でした。100万円を銀行に預けても全く増えないので年15%の金利と思うと結構いい投資だと思います。

 

仮に年15%の複利で運用出来たら約5年で2倍になります。まあそんなにうまくいくかは分かりませんが銀行に預けているかよりは断然にいいです。

 

FXをやるのは朝、昼休み、夕食の後です。

 

この時間に相場を確認して売買の意思決定をします。

 

一度通貨を持つと大体1~2週間はホールドします。

 

かつコツとしてロスカットを大切にしています。何%損したら諦める逆に何%利益が出たらあともう少し上がると思っても深追いせずに利益確定してしまうといった感じで自分の中でルールを作ります。

 

しっかりとルールを作っておけば大きく損をすることはありません。

 

さすがにデイトレードは時間がありませんし分単位で神経をとがらせながら勝負するのは私の様な小心者には出来ないのでやりません。

 

FXをやっていると必然と経済に関心を持つようになるので経済知識も増えますし、そのネタを上司や取引先との雑談に使うことが出来るので結構便利です。

 

金銭的な利益以外にも人間関係でのプラスもありました。

 

ちなみに私が使っているのは楽天FXです。

 

レイアウトがシンプルでスマホのアプリが使いやすいですし楽天銀行ならリアル入金、入出金の手数料無料など便利でお得なので使っています。海外FXのほうが高いレバレッジ限度が高いです。

 

そして、今度は、仮想通貨のFXにチャレンジします。

 

「もしかしたら、Bitcoin FXで億り人と呼ばれる億万長者になれるかもしれないかも?」と期待しています。

利益の日割り計算でFXで成功を!

FXで成績をグラフにすると、自分のトレードが、勝っているか、負けてるのかが一目瞭然です。

 

 

このグラフがあるからこそ、自信を持ってトレードが続けられます。

 

それくらい、FXのトレードはメンタルに来るわけです。

 

日々のトレードを記録しているエクセルのスプレッドシート上で、自動計算されるように式が入っているので、それをそのまま書き出しただけで、損益のグラフも、収支を打ち込めばすぐに更新されます。

 

ちょっと前までは、いろいろな手法や突発的な思いつきのトレードまで、全部一つの口座で記録をせずにごちゃ混ぜでやってました。

 

それが、データをちゃんと記録する重要性に、最近あらためて気づかされて、手法ごとにどうういう成績になっているか分かると、未来予想図とも言えるべき利益の日割り計算が有効な手だとわかります。

 

それにしても、利益を日割りにするのは面白いですね。

 

自動計算される経過日数で、総合収支を割ることで、1日あたりの儲けが分かります。

 

今のところ、1日あたり約5pipsの儲けとなっています。

 

クロス円なら、1万通貨取引で500円、10万通貨取引で5000円の日当となります。

 

こう考えるとリアルで、将来的にこれくらいの枚数でトレードしたいという、資金サイズの目標も明確になります。

 

あと、日割りの獲得pipsが分かることで、これをできるだけ大きくしていこうという目標も生まれます。

 

どんなトレード手法も、時代や相場の状況に合わせて、改良や微調整が必要です。

 

今後は、この手法を続けつつ、第2のトレード手法はないものかと、いろいろ情報を集めています。

 

FXは、真摯に取り組むほど、勝率が上がるトレードですから・・・。